追蹤
我放棄天空了…請移至xuite…
關於部落格
因yam本身問題造成文章輸入密碼也無法觀看
請暫時移到xuite觀看,謝謝
天空變成這樣我放棄了…
請移至xuite
http://blog.xuite.net/simon520/nozoeli
謝謝
  • 82266

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    8

    追蹤人氣

【弟の姉】ミリしらロミオとシンデレラ

 ミリしらロミオとシンデレラ

編曲:doriko
唄:弟の姉
譯:決~けつ


伝えられなかった この想いが
傳遞不了的 這份心意
幻想の彼方へ 消え去るまで
朝幻想的遠方而去 直到消散為止

気が付けばいつも 隣にあなたがいた
回想起 你總是在我的身邊
何をするにも一緒で いわゆる幼なじみ
做什麼都是一起的 正是所謂的青梅竹馬

喜びも 悲しみも
喜悅 悲傷
全ての感情がリンクしてるようで
所有的感情都是相繁在一起
まるで心はひとつだった
宛如心也只有一個

けれど 神様は残酷だわ
但 神是殘酷的
私たちの間を引き裂く 新しいキャラクター
我們的關係出現了裂痕 新的角色登場了


誰もが守ってあげたくなる
任誰也想保護他
可憐で可愛い
既可憐又可愛

ほら そこの曲がり角に
瞧 在那的轉角處
シンデレラ
是仙杜瑞拉

ついに出逢った恋人達は 時間を惜しんで愛し合う
相對於相遇的戀人們 珍惜時間相愛著
私はただ ひとりぼっちで泣くジュリエット
我卻只是 孤單一人哭泣著的茱麗葉

小さい頃の冒険の中 約束したこと覚えてる?
在小時候的冒險之中 曾約定過的你還記得嗎?
私じゃなきゃ あなたじゃなきゃ
不是我與你的話
物語の幕は下ろせない
故事無法落幕

遠いあの日のごっこ遊びが
遙遠的那天玩耍過的遊戲
たちまち色褪せていく
轉眼間已逐漸褪色



「よかったねおめでとう ふたりとも、とてもお似合いだよ」
「真好呢 恭喜你們兩位 非常的相配哦」

空々しい台詞と笑顔で嘘をついた
用笑容與虛偽的台詞說謊著
 

彼女の胸元には
在她的胸口
彼が助けたという仔犬が見守っている
所謂他的護身物的小狗正守護著她
私の入る隙間はない
已沒有我能進入的縫隙

ニコニコしてれば好かれると思って媚びてる
微笑著就能夠被喜歡的諂媚著
かまととぶって あの子 嫌な女
假裝不明白的 那孩子 是討厭的女人
だけど 自分の気持ちも言えず
但 連自已的心情也無法說出
嫉妬心に狂ってる私は もっと嫌な女
嫉妬而發狂的我 是更加討厭的女人

悲しくて悔しくて恋しくて 痛みとなり体を抉る
既悲傷且懊惱卻也眷戀著 疼痛滲入我的體內  
時よ戻れ 昔のように 入ってこないで
時間啊回來吧 如過去一般 回到兩人的光景

誓いを立てた恋人たちは 人目憚らず愛し合う
曾立誓的戀人們 毫不忌諱眾人的目光相愛著
認めたくない わかりたくない
不願認同 也不願明白
彼女こそがジュリエットなのだと
她才是你的茱麗葉

私のほうがずっと前からあなたを
我明明早在很久之前
大好きなのに…
就非常喜歡你了…


愛しい横顔
心愛的側臉
その瞳に 私は 映らない
那雙眼瞳裡 沒有 映照著我

「お前が 友達で良かった」
「妳 是朋友就好了」
と、微笑む あなた
微笑說著的 你

そんな言葉聞きたくなかった
我不想聽見你說出那樣的話語

ついに出逢った恋人達は 時間を惜しんで愛し合う
相對於相遇的戀人們 珍惜時間相愛著
私はただ ひとりぼっちで泣くジュリエット
我卻只是 孤單一人哭泣著的茱麗葉

小さい頃の冒険の中 約束したこと覚えてる?
在小時候的冒險之中 曾約定過的你還記得嗎?
私じゃなきゃ あなたじゃなきゃ
不是我與你的話
幕は下ろせない
是無法落幕的

誓いを立てた恋人たちは 人目憚らず愛し合う
曾立誓的戀人們 毫不忌諱眾人的目光相愛著
認めなくちゃ わからなくちゃ
必須認同 也必須明白
彼女こそがジュリエットなのだと
她才是你的茱麗葉

これでおしまい
這樣就結束了

そうよ 悲劇はあげるわ
是呀 是給你的悲劇呢

さよなら ロミオ
再見了 羅密歐



平假名版

伝(つた)えられなかった この想(おも)いが
幻想(げんそう)の彼方(かなた)へ 消(き)え去(さ)るまで

ロミオとシンデレラ
曲:doriko
唄:弟の姉
lrc:決~けつ

気(き)が付(つ)けばいつも 隣(となり)にあなたがいた
何(なに)をするにも一緒(いっしょ)で
いわゆる幼(おさな)なじみ

喜(よろこ)びも 悲(かな)しみも
全(すべ)ての感情(かんじょう)がリンクしてるようで
まるで心(こころ)はひとつだった

けれど 神様(かみさま)は残酷(ざんこく)だわ
私(わたし)たちの間(あいだ)を引(ひ)き裂(さ)く
新(あたら)しいキャラクター

誰(だれ)もが守(まも)ってあげたくなる
可憐(かれん)で可愛(かわい)い

ほら そこの曲(ま)がり角(かど)に
シンデレラ

B---------------

ついに出逢(であ)った恋人達(こいびとたち)は
時間(じかん)を惜(お)しんで愛(あい)し合(あ)う
私(わたし)はただ ひとりぼっちで泣(な)くジュリエット

小(ち)さい頃(ころ)の冒険(ぼうけん)の中(なか)
約束(やくそく)したこと覚(おぼ)えてる?
私(わたし)じゃなきゃ あなたじゃなきゃ
物語(ものかたり)の幕(まく)は下(お)ろせない

遠(とお)いあの日(ひ)のごっこ遊(あそ)びが
たちまち色褪(いろあ)せていく


「よかったねおめでとう ふたりとも、とてもお似合(にあ)いだよ」

空々(そらぞら)しい台詞(せりふ)と笑顔(えがお)で嘘(うそ)をついた

彼女(かのじょ)の胸元(むなもと)には
彼(かれ)が助(たす)けたという仔犬(こいぬ)が見守(みまも)っている
私(わたし)の入(はい)る隙間(すきま)はない

ニコニコしてれば好(す)かれると思(おも)って媚(こ)びてる
かまととぶって あの子(こ) 嫌(いや)な女(おんな)

だけど 自分(じぶん)の気持(きも)ちも言(い)えず
嫉妬心(しっとしん)に狂(くる)ってる私(わたし)は
もっと嫌(いや)な女(おんな)

B---------------

悲(かな)しくて悔(くや)しくて恋(こい)しくて
痛(いた)みとなり体(からた)を抉(えぐ)る
時(とき)よ戻(もど)れ 昔(むかし)のように 入(はい)ってこないで

誓(ちか)いを立(た)てた恋人(こいびと)たちは
人目(ひとめ)憚(はばか)らず愛(あい)し合(あ)う
認(みと)めたくない わかりたくない
彼女(かのじょ)こそがジュリエットなのだと

私(わたし)のほうがずっと前(まえ)からあなたを
大好(だいす)きなのに…

愛(いと)しい横顔(よこがお)
その瞳(め)に 私(わたし)は 映(うつ)らない

「お前(まえ)が 友達(ともだち)で良(よ)かった」
と、微笑(ほほえ)む あなた

そんな言葉(ことば)聞(き)きたくなかった

ついに出逢(であ)った恋人達(こいびとたち)は
時間(じかん)を惜(お)しんで愛(あい)し合(あ)う
私(わたし)はただ ひとりぼっちで泣(な)くジュリエット

小(ち)さい頃(ころ)の冒険(ぼうけん)の中(なか)
約束(やくそく)したこと覚(おぼ)えてる?
私(わたし)じゃなきゃ あなたじゃなきゃ
幕(まく)は下(お)ろせない

誓(ちか)いを立(た)てた恋人(こいびと)たちは
人目(ひとめ)憚(はばか)らず愛(あい)し合(あ)う
認(みと)めなくちゃ わか
なくちゃ
彼女(かのじょ)こそがジュリエットなのだと

これでおしまい

そうよ 悲劇(ひげき)はあげるわ

さよなら ロミオ


終わり

 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態